社会に適応しづらいパーソナリティ障害|クリニック受診で問題解消!

3人の医者

幼年期の生活環境が元凶

サンプルalt1

人には誰でも個性と呼べるものがあり、一人として全く同じ人は存在しません。それぞれ独自に獲得した人生経験から、こうした個性は形作られるため、人の個性は尊いものとして考えられます。しかし、中には集団での関わりに適さない個性を持っている人も多くいます。人との関わりによって、周囲の人や自分に負担を掛けてしまう人もいるので、個性として一概に評価することは難しいのです。特に極端な言動を行う人のなかに、パーソナリティ障害と呼ばれる症状を現す人が多くいます。パーソナリティ障害とは、精神が形作られる幼少期に十分な愛情が与えられないこと、または厳しいしつけによって精神に歪みが生じることで発症するとされています。遺伝性からの要因や発達障害などの影響も取り沙汰されますが、多くの場合は幼年期での環境からもたらされるものと考えられているのです。精神傾向の違いから、多くの人と衝突しやすい精神傾向にあります。それゆえストレスを抱えやすく、二次障害としてうつ病も発症しやすい傾向があります。生活におけるやりづらさ、理不尽さを強く感じている場合、専門のメンタルクリニックへ相談する必要があるでしょう。薬物療法や認知療法など、効果的な治療法によって問題を根治することができるでしょう。

パーソナリティ障害は大きく分けてA群とB群、C群の三つに分かれ、それぞれ症状ごとに特徴が見られます。A群であれば被害妄想や他者への関心の薄さが問題となり、集団内での孤立が目立つようになります。B群は衝動性の強い行動を取りやすい傾向にあるので、関わった人に多大な負担を与える事もあるため注意が必要となります。C群は恐怖心や不安感が強く現れる傾向にあるので、日々の生活において多大なストレスを被りやすいのが特徴です。それぞれ他者と関わりあうことで行う社会生活に適応しづらいものとなるため、こうしたパーソナリティ障害を抱えている場合、専門のクリニックに受診し、どのような行動を心がけるべきかを担当医師に相談する必要があるでしょう。

Contents

統合失調症に近いタイプ

患者に説明する医者

A群に属するパーソナリティ障害は、統合失調症に近い性質があります。被害妄想が強い症状や妄想に基づく言動で周囲の人を振り回す事を行うほか、統合失調症の陰性症状のように周囲の人に対して興味関心が薄いなどの傾向があります。

続きを読む

不安定さが顕著なB群

2人の女性

B群に属するパーソナリティ障害は、感情が不安定になりがちな傾向にあります。自分の利益のために相手を傷つけることや、衝動的な行動に駆られて相手から距離を取られる事も多くあるので、集団では避けられやすい人物となります。

続きを読む

強い不安感を覚える傾向

医者と患者

C群のパーソナリティ障害は、常に強い不安感を覚える点が特徴です。責任ある物事を病的に避けることや、自己評価の低さから相手への依存が強い人、さらには何事も完璧にこなそうとし心身に強い負担が掛けられる人などが含まれます。

続きを読む

治療の方法

話を聞く女性

パーソナリティ障害は個性とも言えるので、治療は必要ないように感じられますが、社会的にも大きな弊害が現れます。メンタルクリニックを受診することで、薬物療法や認知療法、カウンセリング等によって治療ができます。

続きを読む