社会に適応しづらいパーソナリティ障害|クリニック受診で問題解消!

治療の方法

話を聞く女性

パーソナリティ障害は、うつ病などの精神病とは違い、長い人生経験から基づいていびつに形成された性格が問題となります。いってみれば本人の個性とも捉えることができますが、社会的に不利益をもたらす個性は欠点と同じものなので、メンタルクリニックなどで治療を受け、他人との関わりを問題なく行える状態に改善しなければなりません。メンタルクリニックでは、パーソナリティ障害の改善を行うために多くの治療法を行います。多くの場合は医師のカウンセリングから症状を認知させ、問題点を見つけて改善をさせる方法が取られます。パーソナリティ障害となっている多くの人は、自分が障害を持っていることに無自覚であり、医師から障害であることを知らされたとしても多くの人は信じません。医師の診断ミスを疑い、カウンセリングでも真面目に話を聴かない事も多いので、症状の改善には多くの時間がかかります。しかし、今までの自分を冷静に振り返り、障害に対して思い当たる箇所が多く見られた場合、初めてパーソナリティ障害であることを自覚することができるでしょう。きちんと自分自身の症状を理解することで、理由の分からなかった生きづらさに説明がついたことでの安心感を得られます。さらに医師から話を聞くことで、心を落ちつかせることができることから、うつ病などの二次障害を防ぐことができるでしょう。

メンタルクリニックでは、パーソナリティ障害の治療のために、認知療法と薬物療法の二つを組み合わせて行うことがあります。薬物療法はしばしば依存性が高くなることから、問題視する人も多くいます。しかし、薬物療法を行うことでパーソナリティ障害によって受けているストレスや不安感を取り除く事ができるため、利用する事ができるのです。人間関係が破綻しやすいパーソナリティ障害は、しばしばうつ病などの二次障害が併発し、症状が重篤なになりやすいものです。しかし、薬物療法によって治療を困難とするうつ症状を和らげることができるので、認知療法による根治治療も行いやすくなります。認知療法はパーソナリティ障害などの症状をきちんと把握し、障害からくる衝動を自制することや、障害によって陥りがちになる行動を察知し異常行動から脱却する方法です。治療を行う内は精神に強い負担がかかるので、いつまでこんなつらい思いをしなければならないのか、と不安に思う人も大勢います。しかし、認知療法を長期間続けることで、自分で特に意識せずとも衝動や異常行動を自制できるようになるので、パーソナリティ障害の問題を根本から改善できるようになるのです。